会社設立の流れ

ぼたん 発起人の決定

発起人とは会社の設立を発起し、設立に出資をする人を指します。会社設立後は役員が会社の責任を負うように、発起人は会社が設立されるまでの間の責任を負います。また、発起人の人数については制限がなく誰でもなることができます。

ぼたん 定款の作成・認証

発起人が決定したら、定款の作成と認証の手続きを行います。
定款とは、会社の運営方法を含む基本的なルールを定めたもので『会社の憲法』と呼ばれています。定款に基づいて会社の活動は行われるので、会社設立において必ず作成しなければならないものです。
定款は作成後、公証役場で認証してもらう必要があります。作成から認証までの流れは以下のとおりです。
1定款に定める必要事項の決定
2発起人全員の実印・印鑑証明を用意
3発起人全員の同意により定款を作成
4公証役場で定款を認証してもらう
5定款の謄本を取得

印紙代が4万円もかかってしまう定款の作成ですが、電子定款(PDFで電子化された定款)を利用すると印紙代が節約できます。

ぼたん 出資金(資本金)の払込み

定款の認証が完了すると、認証日より後に発起人全員で資本金の払い込みを行います。

登記前では会社の口座をつくることはできないので、発起人の誰かの個人口座へ払い込みを行います。払い込みを行う際は以下の3点について注意が必要です。
1口座に残高があるだけでは認められないため、資本金分となる額の新たな払い込みを行う。
2入金された合計額が資本金の額と一致している(多くても少なくてもダメ)。
3振り込みの場合は、振込人名と発起人名が一致している。

出資金が払い込まれたら通帳の表紙、表紙の次のページ、入金が確認できるページの、計3箇所のコピーをとり、『払込証明書』を作成します。

ぼたん 登記書類の作成

資本金の払込み後は、登記書類の作成をします。登記とは法律によって定められている事項を記載することを指し、法務局に登記をすることで会社は法人として認められます。

ぼたん 設立

法務局に会社の設立登記を申請した日が会社の設立日となります。

 

会社設立の困りごとは行政書士に相談して解決できます。
   株式会社設立 合同会社設立 一般社団法人設立 NPO法人設立

 

     

mail

0285-38-6718

行政書士石田淳司事務所

栃木県、下野市、小金井

明るい未来のために