相続は必ず起こる

ぼたんウチは財産などないから、大丈夫
例えば家が築30年でも、土地が20坪しかなくても、預貯金が100万円以下でもそれらはれっきとした「相続財産」であります。
ぼたん子供たちは仲が良いので心配いらない
子供といってもいつまでも子供ではない。成人し、やがて結婚もするだろう。そして、また子供が生まれる。その子、つまり孫が進学、就職、結婚とお金が必要となった頃、相続は発生しやすいのである。そうなると子供同士はもはや利害関係人である。
ぼたん子供がいないので、夫の財産は全部私のものになる
完全な誤りである、正確には次のようになる。
夫の親がいれば、妻=2/3 夫の親=1/3。
親はいないが、夫の兄弟などがいると、妻=3/4 夫の兄弟姉妹=1/4(死亡しているとその子、つまり甥や姪)。
ぼたん最後に
法律的に有効な遺言がなければ、相続人全員による合意が成立するまで、協議を続けなくてはならない。人間が生きている以上、相続は必ず起こるのである。

遺言が必要なとき

ぼたん法定相続分と異なる配分をしたい
推定相続人の生活状態を考慮して相続財産を指定するとき。
ぼたん推定相続人が配偶者と兄弟姉妹のとき
義理の兄弟姉妹との話し合いは、円満には進まないものである。兄弟姉妹には遺留分がないから、遺言があれば100%配偶者が相続できます
ぼたん推定相続人以外の人へ遺産を配分したいとき 
@息子の嫁 A内縁の配偶者 B孫 C看病してくれた人 D公共団体への寄付

 

ご相談には誠意をもって丁寧にお答えします。
   ご相談の流れ 相続手続 放棄手続き 
   自筆証書遺言 公正証書遺言

 

 

      

 

 

mail

0285-38-6718

行政書士石田淳司事務所

〒329-0414 栃木県下野市小金井4-17-4

明るい未来のために